ほものふりかえりとこれから

ゲイが今までを振り返ったり前に進んだりします 略してほもふり

二位じゃダメなんですかね?

2010年流行語らしい。

当時かなり批判されていた覚えがある。 仕分けを行う側の立場であればROIに見合うかどうかは最優先に検討すべき事項であるから、それを問うた時にプライドや、日本人に夢を与えるといった点を上げられてもそれは金銭的に評価する事が難しい。

そうすると、世界一のスパコンを開発することがなぜ必要なのか?目的があるとすると、なぜ二位のスパコンでは達成できないのか?と聞くのは当然な気がする。


実際個人の立場として二位ではだめなのかどうかを考えてみると、全員1位を目指したところで敗者は当然生まれるのだから、二位でも良い気がする。 ただ、物事への取り組み方としては1位を目指して取り組む方が良いと個人的には思う。

1位に固執すると駄目だった時のダメージが大きいし、実際には勝てる方が少ない。 勝ったところで、スポーツや学業ならともかく、会社や芸能では二番手三番手が評価されたりもする。

元から諦めて肩の力を抜いてやったほうがコスパは圧倒的にいいような気もしてくる。 1位を目指すことにそこまでの意味はないのだろうか。

いや、何か意味があると思いたい。 それに意味があるとしたら、自分の中での満足と、結果に対しての実感があるかどうかだと思う。

プライドは高すぎても碌なことにならないけど、自分の能力を正確に評価し褒めてあげられるのは結局のところ自分自身なので、これだけやったから1位を取れただとか、これだけやっても2位だったという実感は、個としての自分を確立する上で大切な気がする。

そうすると結果として二位であったとしても、本気で1位を目指した取り組んだ道のりの中で何か得られる物が多い気がする。


もう少し、不毛な100メートル競争を続けるのも悪くはない。